今まで占いというのは、占い師がいる場所まで足を運び、対面式で鑑定してもらうというイメージがありましたが、いつの頃からか、メール鑑定や電話での鑑定も可能となっています。

絶対に聞いておきたいことは占い師との相談の前にしっかりと整理を

電話での占いは、無料ではありません。そのほとんどが時間制です。ならばだらだらと電話してはいけないでしょう。そこで電話占いの賢い利用法について考えてみましょう。

■相談内容を整理しておく
あまり事務的でもいけません。季節の挨拶くらいはよいでしょう。しかし鑑定士さんが電話口に出たら、単刀直入に相談内容を話しましょう。そして鑑定士さんから質問があれば、それへ的確に答えましょう。

くれぐれも見栄をはったり、かっこつけてはいけません。鑑定結果が狂ってしまいます。そのためには、あらかじめ相談内容を整理しておきましょう。

恋愛相談なら相手のプロフィールなどもまとめておきましょう。人間関係の相関図も作っておくと便利です。なお事件の日時などは突然思い出せません。

正しい鑑定を受けるためには、曖昧な記憶ではなく、正確な記録が不可欠です。

■相談内容によって鑑定士さんを変える
鑑定士さんによって得意分野が異なります。もちろん何でも対応できる人もいます。しかし得意分野をお願いした方が、的中率が異なります。

例えば分野が違うと専門用語が違います。すると誤解が生まれるかもしれません。これは避けたい事実です。そのため慣れた馴染みの鑑定士さんもいるでしょうが、遠慮せず、相談内容によって変えてみましょう。

だからといって後々文句を言われることはありません。鑑定士さんは、貴女の幸せだけを考えているからです。

■感情的にならない
何かを相談したい場合でも、衝動的にお願いしない方が良いでしょう。つまり電話占いを試す際には、感情的にならないことが重要です。

例えばトラブルがあったとしても、一晩考えて、翌日に電話することです。感情が高ぶっていると、鑑定士さんのアドバイスを素直に聞けないケースもあります。

誤解することも稀ではありません。不安やイライラはあるでしょうが、まずは落ち着くことが先決です。

■後悔しないように
お金がかかるから、言ってしまえばお終いですが、電話占いは賢く利用しましょう。悩みごとで後悔する以前に、電話占い自体に後悔したら、意味がありません。

女性との関係に悩む男性が占い師に相談を頼むというケースが増えている

「私と仕事、どちらを選ぶの」かつては女性が男性に問い詰めたものです。しかし昨今では、仕事上のキャリアと家庭とのどちらを選ぶべきか、女性も悩むようになりました。

また大卒女性が増えるに従い、進路の問題も深刻になっています。とはいえ独りで考えても堂々巡りです。占いの鑑定士さんに電話で相談してみましょう。

■仕事と家庭を両立するには
仕事と家庭を両立することは無理なのでしょうか。それを贅沢と言うのでしょうか。どちらも得られない人がいるのも事実です。

とはいえ時代が変わっています。女性の社会進出は否定できません。そもそも女性イコール家事といった方程式が間違っているのでしょう。本来は社会の認識を修正すべきなのです。

しかしそこまで大きなことは、個人の力で簡単にはできません。ならば身近な部分から解決していきましょう。電話占いの鑑定士さんなら、客観的なアドバイスをしてくれるでしょう。問題の原点に気付かせてくれるでしょう。

発想を変えることで状況が変化することも稀ではないようです。

■仕事を続けるべきか
一昔前は、結婚という永久就職先がありました。仕事が嫌になったら寿退社する。もちろん今もあるでしょう。とはいえ逃げてばかりでは、何も解決しません。仕事にはトラブルがつきものです。

長い間に築かれた男性社会で、女性という杭が出てくれば、叩かれてしまうのも当然です。ならばそれを円滑に処理する手立てを知りましょう。

電話占いで賢い方法を教えてもらいましょう。職場環境は千差万別ですが、鑑定士さんの霊視によって、見えない部分が見えてきます。

転職を含めて今の仕事を続けるべきか、相談してみましょう。

■永久就職はない
時代の流れもあるのでしょう。終身雇用制は崩れています。大企業であってもリストラの嵐が吹き荒れています。一方で結婚もゴールではありません。現在では3組に1組が離婚しているようです。

であれば永久就職などないのでしょう。もちろん100%確実な未来はありません。占いに頼りすぎてもいけません。しかし選択を誤らないためにも、早めに相談してみましょう。